antique scuba style wetsuits

ユウキさんのウエットスーツによるポージングです。

レギュレータ: Scuba-Pro MarK 5
フィン   : Apollo Jetfin
マスク   : Aqualang VICTOR

 

YouTubeチャンネル登録者 9000人

2020年5月30日

YouTube Antique Scubaチャンネル登録者が 9000人を迎えました。
ありがとうございます。
https://www.youtube.com/AntiqueScuba
YouTube antique-scuba チャンネルは登録者1万人を目指しています。

YouTube Antique Scubaチャンネル の登録をお願いします

 

1+

underwater specialist

タイビングスキルは専属のインストラクターから習います。

水中撮影は、ダイビングスキル以外に水中モデルとしてのスキル必要になります。彼女自身が水中モデルであり、水中モデルの先生として新人水中モデルを育てています。

例:水中で綺麗に見えるための準備、カメラとのタイミングを合わせ(モデルサイン)・・・

2+

Model Interview Yuka

Antique Scuba Angels のYukaさんにインタビューをしました。 メイキング映像を見ながら作品作りについてのインタビューをしています。 8分ほどありますが、見てください!

Yukaさんは、Antique Scuba DVD作品に多く共演して頂いています。

Yuka さんの参加作品リストです。

Appearance list

yuka first dive
https://youtu.be/M2y9yH0PVQc

antique scuba angels
https://youtu.be/6elAuMgtyWA

Antique Scuba DVD Scuba Mission
https://youtu.be/wtJyDTYN52w

Antique Scuba DVD Scuba Trap
https://youtu.be/PFARlTVW7g0

Antique Scuba DVD Scuba Fight
https://youtu.be/HN-4-ltj0oU

出演作品もご覧下さい

2+

Antique Scuba DVD

https://antique-scuba.com/antique_scuba/15_DVD_PROJ/ASV.htm

何時も応援ありがとうございます。Antique Scuba DVDも4タイトルになりました。DVD一覧のページを作成しました。4タイトルの紹介ページへのリンクが入っています。紹介ページにはDVDプロモーション動画へのリンクなども入っています。 一度ご覧いただけると幸いです。 

1+

動画の編集

今日は映像制作のテクニカルのお話をします。

アンティークスキューバの動画は皆様にご覧いただくまでに多くの編集を行ってからお届けしています。

動画の部分セレクト、カット割り、色補正、音楽との合わせ、タイトル付け、出力作成などを行っています。 場合によってはエフェクト効果なども行っています。

編集はほとんどAdobe Premere Pro CCで行っています。

 

Premere Pro CCは機能が多く、色補正なども思った通りに補正できます。しかし、編集用のPCはかなりのパワーのあるマシンが必要になります。 Full HD画像を作成する為に、RYZEN7(8コア/16スレッド)+GeForce GTX 1060を搭載したマシンを使っています。

以外と編集は大事なのですよ!、

完成品DVD版の 「Scuba Fight」、  「Scuba Hunter」 是非ご覧になってください。

YouTubeでの公開に加えて、Vimeoへの参加も準備しています。

 

 

 

0

Scuba Fight 撮影現場 (Training)

AntiqueScubaの作品では”BC”ジャケットは使いません。”BC”を付けるとモデルさんのプロポーションを隠してしま事、そもそも60’には”BC”がありません泳ぐ力だけでバランスコントロールしていました。 水着にハーネス+スキューバで綺麗に泳ぐとカッコ良いでしょう!

その様なことも有って、モデルさんにはスキューバでの泳ぎから水中バランス、機材の使い熟しまでアンティークスキューバ独自のカリキュラムをトレーニングしています。水中でのScuba機材の交換、水中でのポージング、水中でウエットスーツを脱ぐなど水中モデル専用のSkillレーニングを組み込んでいます。YouTube動画Diveもトレーニングの1つです。

また、撮影側もカメラをもって立ち泳ぎを続ける事やモデルさんの泳ぎを前後・上下左右のアングルへ回り込む為に早く泳ぐ事、自分の泡を被せない、などトレーニングを積んでいます。

保存

保存

保存

0